2022年07月10日

ゼフィルスの森の今

 6月26日と7月3日、2週連続で、兵庫県北部にある三川山へ、調査に行った。その時の話である。

 兵庫県北部にある三川山は、ゼフィルスの名所である。種類数も個体数も多くて、特にヒサマツミドリシジミの季節には、採集する人も撮影する人もたくさん訪れる。僕がこの山へ初めて登ったのは、25年ぐらい前だったろうか。早朝、夏の湿気に包まれた登山道を、ゆっくりと歩いて行くと、突然、目の前にアイノミドリシジミが絡み合う。耳元をかすめると、「ブンッ」というような風切り音が聞こえた。

 

 道の脇に生える草本には、朝霧の細かな露が置いている。

 

 そんな場所だった三川山だが、今年登ってみて驚愕した。

 

 草や低木がないのだ。以前は、登山道から笹やススキをかき分けなくては、森の中には入れなかったのだが、登山道の脇にも、林床にも、草1本生えていないのである。森のはるか向こう側まで見通せる。尾根筋から谷底まで見通せる。わずかに見える緑色は、シダのようにシカが食べない植物ばかり。ブナやミズナラの幼木も1本も残っていない。これではクマも、身を隠す場所に困るだろう。最近、街中にクマが出没するニュースをよく聞くようになったが、もしかして、こうしたことが遠因になってはいないのだろうか。
三川山山頂直下の登山道(0701)草本なし
 登山道 道の脇にも斜面にも まったく草がない

アカタテハ(0626)
 渓谷を眺めるアカタテハ 一本の草もなく緑色に見えるのは鹿が食べないシダ類

三川山山頂(0701)谷底まで見通せる
 登山道から谷底までみとおせる

NTT林道(0626)
 森の向こう側まで透けて見える
三川山山頂(0701)柵内のみに草本が残る
 頂上では 柵に囲われた電波塔の敷地だけに草が残る

 

 ゼフィルスはまだ健在だ。山頂付近に陣取っていると、ヒサマツミドリシジミが次々にやってきて、テリトリーを争い、激しく絡み合いながら飛翔する。しかし、あれほど多かったヒメキマダラヒカゲの姿は、まったくない。それどころか、笹やススキに依存するヒカゲチョウ類、セセリチョウ類はまったくいない。春のシーズンに登山道を歩けば、かつては20頭や30頭は見られたギフチョウやスギタニルリシジミが、見られなくなったというのも、むべなるかなである。

 

 山頂でヒサマツミドリシジミを待っていると、ヒョウモンがやってくる。その多くはツマグロヒョウモンで、ミドリヒョウモンが少し。他にはキタキチョウとスジグロシロチョウが少し。ルリシジミはたくさんいたけれど。

ヒサマツミドリシジミ(0626)
 ヒサマツミドリシジミ

フジミドリシジミ(0626)
  フジミドリシジミ 採卵用にしたかったけれど逃がしてしまった

ウラクロシジミ(0626)
 ウラクロシジミ

 

 このままでは森の次世代は育たない。20年、30年後、僕はもうこの世にいないだろうけれど、ゼフィルスの森は生命をつないでいるのだろうか。重い気持ちを抱えながら、山を下った。



smallblue at 20:15|PermalinkComments(0)昆虫 

ゼフィルスの森の今

 6月26日と7月3日、2週連続で、兵庫県北部にある三川山へ、調査に行った。その時の話である。

 兵庫県北部にある三川山は、ゼフィルスの名所である。種類数も個体数も多くて、特にヒサマツミドリシジミの季節には、採集する人も撮影する人もたくさん訪れる。僕がこの山へ初めて登ったのは、25年ぐらい前だったろうか。早朝、夏の湿気に包まれた登山道を、ゆっくりと歩いて行くと、突然、目の前にアイノミドリシジミが絡み合う。耳元をかすめると、「ブンッ」というような風切り音が聞こえた。

 

 道の脇に生える草本には、朝霧の細かな露が置いている。

 

 そんな場所だった三川山だが、今年登ってみて驚愕した。

 

 草や低木がないのだ。以前は、登山道から笹やススキをかき分けなくては、森の中には入れなかったのだが、登山道の脇にも、林床にも、草1本生えていないのである。森のはるか向こう側まで見通せる。尾根筋から谷底まで見通せる。わずかに見える緑色は、シダのようにシカが食べない植物ばかり。ブナやミズナラの幼木も1本も残っていない。これではクマも、身を隠す場所に困るだろう。最近、街中にクマが出没するニュースをよく聞くようになったが、もしかして、こうしたことが遠因になってはいないのだろうか。
三川山山頂直下の登山道(0701)草本なし
 登山道 道の脇にも斜面にも まったく草がない

アカタテハ(0626)
 渓谷を眺めるアカタテハ 一本の草もなく緑色に見えるのは鹿が食べないシダ類

三川山山頂(0701)谷底まで見通せる
 登山道から谷底までみとおせる

NTT林道(0626)
 森の向こう側まで透けて見える
三川山山頂(0701)柵内のみに草本が残る
 頂上では 柵に囲われた電波塔の敷地だけに草が残る

 

 ゼフィルスはまだ健在だ。山頂付近に陣取っていると、ヒサマツミドリシジミが次々にやってきて、テリトリーを争い、激しく絡み合いながら飛翔する。しかし、あれほど多かったヒメキマダラヒカゲの姿は、まったくない。それどころか、笹やススキに依存するヒカゲチョウ類、セセリチョウ類はまったくいない。春のシーズンに登山道を歩けば、かつては20頭や30頭は見られたギフチョウやスギタニルリシジミが、見られなくなったというのも、むべなるかなである。

 

 山頂でヒサマツミドリシジミを待っていると、ヒョウモンがやってくる。その多くはツマグロヒョウモンで、ミドリヒョウモンが少し。他にはキタキチョウとスジグロシロチョウが少し。ルリシジミはたくさんいたけれど。

ヒサマツミドリシジミ(0626)
 ヒサマツミドリシジミ

フジミドリシジミ(0626)
  フジミドリシジミ 採卵用にしたかったけれど逃がしてしまった

ウラクロシジミ(0626)
 ウラクロシジミ

 

 このままでは森の次世代は育たない。20年、30年後、僕はもうこの世にいないだろうけれど、ゼフィルスの森は生命をつないでいるのだろうか。重い気持ちを抱えながら、山を下った。



smallblue at 20:15|PermalinkComments(0)昆虫 

ゼフィルスの森の今

 6月26日と7月3日、2週連続で、兵庫県北部にある三川山へ、調査に行った。その時の話である。

 兵庫県北部にある三川山は、ゼフィルスの名所である。種類数も個体数も多くて、特にヒサマツミドリシジミの季節には、採集する人も撮影する人もたくさん訪れる。僕がこの山へ初めて登ったのは、25年ぐらい前だったろうか。早朝、夏の湿気に包まれた登山道を、ゆっくりと歩いて行くと、突然、目の前にアイノミドリシジミが絡み合う。耳元をかすめると、「ブンッ」というような風切り音が聞こえた。

 

 道の脇に生える草本には、朝霧の細かな露が置いている。

 

 そんな場所だった三川山だが、今年登ってみて驚愕した。

 

 草や低木がないのだ。以前は、登山道から笹やススキをかき分けなくては、森の中には入れなかったのだが、登山道の脇にも、林床にも、草1本生えていないのである。森のはるか向こう側まで見通せる。尾根筋から谷底まで見通せる。わずかに見える緑色は、シダのようにシカが食べない植物ばかり。ブナやミズナラの幼木も1本も残っていない。これではクマも、身を隠す場所に困るだろう。最近、街中にクマが出没するニュースをよく聞くようになったが、もしかして、こうしたことが遠因になってはいないのだろうか。
三川山山頂直下の登山道(0701)草本なし
 登山道 道の脇にも斜面にも まったく草がない

アカタテハ(0626)
 渓谷を眺めるアカタテハ 一本の草もなく緑色に見えるのは鹿が食べないシダ類

三川山山頂(0701)谷底まで見通せる
 登山道から谷底までみとおせる

NTT林道(0626)
 森の向こう側まで透けて見える
三川山山頂(0701)柵内のみに草本が残る
 頂上では 柵に囲われた電波塔の敷地だけに草が残る

 

 ゼフィルスはまだ健在だ。山頂付近に陣取っていると、ヒサマツミドリシジミが次々にやってきて、テリトリーを争い、激しく絡み合いながら飛翔する。しかし、あれほど多かったヒメキマダラヒカゲの姿は、まったくない。それどころか、笹やススキに依存するヒカゲチョウ類、セセリチョウ類はまったくいない。春のシーズンに登山道を歩けば、かつては20頭や30頭は見られたギフチョウやスギタニルリシジミが、見られなくなったというのも、むべなるかなである。

 

 山頂でヒサマツミドリシジミを待っていると、ヒョウモンがやってくる。その多くはツマグロヒョウモンで、ミドリヒョウモンが少し。他にはキタキチョウとスジグロシロチョウが少し。ルリシジミはたくさんいたけれど。

ヒサマツミドリシジミ(0626)
 ヒサマツミドリシジミ

フジミドリシジミ(0626)
  フジミドリシジミ 採卵用にしたかったけれど逃がしてしまった

ウラクロシジミ(0626)
 ウラクロシジミ

 

 このままでは森の次世代は育たない。20年、30年後、僕はもうこの世にいないだろうけれど、ゼフィルスの森は生命をつないでいるのだろうか。重い気持ちを抱えながら、山を下った。



smallblue at 20:14|PermalinkComments(0)昆虫